新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、当メディア掲載の店舗・スポットの営業内容にも変更が出ております。掲載情報は取材実施当時のものであり、現状を反映したものではございません。 現時点での営業状況につきましては、各店舗等の公式情報を確認していただくことをおすすめ致します。

(高島市)COFFEE WORKS PLUSのコーヒーを飲むという最高の贅沢が、滋賀にはある

(高島市)COFFEE WORKS PLUSのコーヒーを飲むという最高の贅沢が、滋賀にはある

【新型コロナウイルスによる営業時間などの影響に関して】

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、滋賀県内でも営業を中止、もしくは営業時間を短縮している店舗が増えております。

当メディアで記載している記事の情報は取材当時のものであり、現状の営業時間・営業内容を反映しているものではありません。

現時点の営業状況につきましては、各店舗の公式情報を確認していただくことをおすすめ致します。

滋賀県に数あるカフェの中でもこれほど「綺麗な」味のコーヒーをこれほど揃えているお店は珍しいかもしれません。

そんな知る人ぞ知る名コーヒー店が高島市にありました。

COFFEE WORKS PLUS」さんです。

知らなければ気づかない、だから面白い

お店の所在地は湖西の高島市。

高島の中心街ではなく、すこし外れた場所に位置しています。

周囲には倉庫や作業場も多く、お店の向かいには田んぼが広がっています。

一見ほんとうにこんなところにカフェがあるのか心配になるような場所です。

しかし地図を頼りに進んでいくと道の端に印象的な看板が現れます。

ここがまごうことなきお店の所在地のようです。

看板のある道から少し奥に入ったところに黒をベースとしたお店の外観が見えてきます。

これは「たまたま通りかかったから」という感じではなかなか気づきません。

知らなければ来ることのないお店でしょう。

この穴場感がまたいい味を出しているようにすら思います。

シンプルな外観と、気になる自販機

というわけで、やっとたどり着きました。COFFEE WORKS PLUSさんです。

黒を基調に統一感のある外観ですが、看板らしい看板は入り口の脇の床にそっと置かれた木の看板だけ。

実にシンプルです。

ドアからは店内の明かりが見えないので、一瞬「今日はお休みなのかな?」と思ってしまいます。

一応お店の前は屋根が張り出しており、ちょっとした椅子?も置かれているので外で飲むこともできるのかもしれません。

それにしても気になるのは入り口脇に備えられた「自動販売機」。

店内でコーヒーが飲めるのにわざわざ自販機を設置しているの??と疑問を抱かざるを得ません。

しかし、よくよくみてみると…なんとこれ、コーヒー豆を販売しているみたいです!

ペットボトルの容器に入った状態でコーヒー豆を買えるのだとか。

お店が閉まっていてもいつでも豆は購入できるわけですね、これはナイスアイデアです。

ウッド調の店内、座席はカウンターのみ

それではいざ店内へ。

店内は落ち着いた照明を使った、木材をベースとした内装です。

座席はカウンター席のみでおよそ6席程度。

長居するお店というよりはシンプルに「美味しいコーヒーを飲みに行く」「質の高いコーヒー豆を買いに行く」ためのお店、と考えるべきでしょう。

カウンター席からは数多くの機材やツール類が見えます。

コーヒードリッパー、エスプレッソマシーン、ミル、キャニスター、どれもおしゃれなものばかりでコーヒー好きからすれば心踊る空間です。

各種メニュー

メニューは以下のようなものになっています。

ドリップコーヒーから、カフェラテ、カプチーノなどの基本的なアレンジはもちろんのこと、少し変わったものとしてはラテシェケラートというシェイクのようなものまであります。

夏であればぜひ飲んでみたいところです。

ドリップに関しては豆を選ぶことができます。

このメニュー表に書いているものはすべてブレンドなどではなくシングルオリジンのようですね。

(ブレンドのメニューも裏にありました。)

酸味やフルーティーさが強いものから、マンデリンなどのミルキーなもの、モカ系の苦味のしっかりしたものまであります。

私が伺ったときは店主の方に飲みたい雰囲気を伝えると、おすすめを教えてくださいました。

本気でコーヒーを味わうという贅沢体験

この日はインドネシアスマトラのマンデリンを頼んでみました。

マンデリン特有のミルキーさも感じつつ非常に爽やかな「綺麗な」味わいでした。

カプチーノも注文してみました。

ミルクの泡がきめ細やかで口当たりがめちゃくちゃ良いことに驚きます。

こだわりの牛乳を使用しているようで、カプチーノにすることでエスプレッソの苦味が効いてミルクの味をひきたてていると感じました。

珈琲の味はどれも本当に美味しかったです。

コーヒーを味わうための空間、といった雰囲気なのでコーヒーを飲む環境としてはある意味これ以上ない贅沢なのでは、と思います。

帰りにペットボトル入りの豆を買ってみた

帰りがけに、気になっていたペットボトル入りのコーヒー豆を買ってみました。

これでおよそ160グラムの容量なのだそうです。

フタを専用の機械で密封しているため、はじめて開けるときは空気の入る音がします。

タグがついており、購入日や入っている豆の種類(生産国)が記載されています。

また美味しく飲むための期限などについての注意書きも載っています。

ちょっと珍しい販売形式なので、お土産などに買っていっても面白いかもしれません。

コーヒーの「味」にこだわるならCOFFEE WORKS PLUSへ

滋賀県内にも数々のカフェがありますが「味」にこだわるなら真っ先にこのCOFFEE WORKS PLUSをおすすめします。

コーヒー豆の質が本当に高く、県内でここまでのものが揃っているお店はなかなかないでしょう。

近くに住んでいないとなかなか訪れにくいかもしれませんが、少し足を伸ばして本当に美味しいコーヒーを求める休日というのも乙なものかもしれません。

コーヒー好きなら一度は訪れていただきたいお店でした。

滋賀カフェカテゴリの最新記事