新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、当メディア掲載の店舗・スポットの営業内容にも変更が出ております。掲載情報は取材実施当時のものであり、現状を反映したものではございません。 現時点での営業状況につきましては、各店舗等の公式情報を確認していただくことをおすすめ致します。

おにくや食堂スエヒロの近江牛グルメを黒壁ランチに!肉汁あふれる牛肉の旨味を存分に堪能しよう

おにくや食堂スエヒロの近江牛グルメを黒壁ランチに!肉汁あふれる牛肉の旨味を存分に堪能しよう

日本三代和牛のひとつに数えられることも多い近江牛。

(※三大和牛の定義は曖昧で、どのブランドが数えられるのかは場合によって違う)

有名な近江牛をランチで手軽に食べたい!

せっかく黒壁に来たのだから美味しい地元のものを食べたい!

そんな願いを叶えてくれるお店が「おにくや食堂スエヒロ」です。

並んででも食べる価値のある逸品がそこにはありました。

行列必至の黒壁近江牛ランチの人気店

私たちが訪れたのは三連休初日のランチタイム。

季節は黒壁スクエアとしてはオフシーズンの2月。

しかもこの日はあいにくの雨天。

それでも12時半ごろに来店するとお客さんの列がずらり!

季節や天候をものともしない人気ぶりに驚かされます。

満席時にはお店の入口前のメニュー表に「只今満席です」の掲示が。

お店の電話への問い合わせはNGとのことなので気をつけたいですね。

待ち時間にメニューを確認!ランチは3種類

行列の待ち時間のあいだに、店内から出てきた店員さんにメニューをわたしてもらえます。

ランチメニューは非常にシンプルで基本的には3種類。

  • ハンバーグランチ(1760円)
  • カレーランチ(1100円)
  • 牛丼ランチ(1430円)

この3つです。

ここに追加でドリンクをつけたい方は注文することができるようですね。

その場で注文を聞き取ってくださいます。

「近江牛」の文字が踊る看板に期待が膨らむ

店舗の正面には木製の大きな看板が掲げられており、そこにはインパクトある文字で「近江牛」と書かれています。

滋賀のグルメといえば近江牛をイメージする人も多いでしょう。

その名前を掲げていることからも自信をもって牛肉を提供している様子が伺えます。

地元精肉店が始めた「お肉を楽しむ空間」

そもそも「おにくや食堂スエヒロ」は長浜の地元の精肉店として長年営業を続けている「スエヒロ」が、お肉を楽しめる空間を作ることを目指してオープンしたレストラン。

公式ホームページにも

「もっと美味しいお肉を知ってもらいたい」「美味しいものに出会ったときの感動を!」という気持ちからはじめました

と書かれています。

地元のお肉を知り尽くしたお店だからできる、おいしい料理の数々が人気を呼んでいるんですね。

清潔感&シンプルな店内はまさにお肉のための空間

20分ほど待って店内に入ることができました。

お店のインテリアはシンプルな印象で、非常に清潔感を感じます。

余計な装飾はせずに、とにかくお肉の味をあじわう空間、といったところでしょうか。

チェアのえんじ色が高級感を醸しており、シンプルながらも「いいお肉を食べに来た!」という気分を演出してくれます。

かと言って肩肘張らずにカジュアルに過ごせるデザインは配慮が行き届いていますね。

これぞ日本三大和牛の味わい!ランチに近江牛の贅沢さ!

というわけでいよいよ近江牛ランチを頂きます。

事前に注文をきいていてくださったからでしょう、席につくとそれほど待たずに料理を持ってきていただけます。

Suehiroハンバーグランチ

▲ハンバーグランチ(1760円) photo by yuta_nosaka

この豪華さよ!

ハンバーグランチにはメインのハンバーグの他に、ごはん・味噌汁・サラダ・漬物がついてきます。

▲滝のように流れる肉汁が食欲をそそる photo by yuta_nosaka

見てください!注目すべきはハンバーグから溢れ出す肉汁!

触ってもいないのに次から次へと肉汁が溢れ出してきて、見ているだけで幸せな気分になります。

まずはシンプルに何もつけずに頂くと、牛の旨味をずっしりと舌の上で実感することができます。

近江牛!最高!

▲そのままも美味しいお肉に味わいをプラスする贅沢 photo by yuta_nosaka

塩・わさび・辛子・自家製ダレが添えられているので、お好みでつけながらいただくこともできます。

▲サラダはゴマベース?のドレッシング(自信ない) photo by yuta_nosaka

サラダにもお肉がのせられていて、贅沢な気分です。

近江牛を満喫できる、超満足のランチです!

近江牛丼ランチ

続いて牛丼ランチはこちら!

付け合わせの紅生姜、さらにサラダと味噌汁がついてきます。

近江牛を牛丼に使ったらどうなるのか?ーー

かになるけどなかなかできないそんな料理を実現したスエヒロさん。

精肉店ならではの品揃えでしょう。

お味の方は、柔らかい牛肉にタレが染み込んで美味しい!

近江牛の特徴である、肉の甘味は損なわず、米に絡みつく美味しさは「牛丼の王様」と言っていいでしょう。

黒壁観光のランチに、並んででも食べたい近江牛グルメ

近江牛といえば高級なイメージがありますが、手軽に美味しいお肉を食べたいのが人間の性。

そんな願いを叶えてくれる素敵なお店でした。

黒壁に観光に来たけど思い出に残るものを食べてみたい、という方はぜひ伺ってみてください。

連休中は行列となっていることも多いですが、並んででも食べる価値はありますよ!

基本情報

infomation

名称:おにくや食堂スエヒロ

住所:〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町6−22

営業時間:11:00~15:00 (L.O.14:30)

定休日:火曜日

TEL:0749-62-0472(※座席数が限られているため座席の予約は行っていないとのこと)

WEB:公式サイト

グルメカテゴリの最新記事